駆除の匠

知っておこう

ウイルスが不活化できない原因

濃度が足りていない

当然のことながら、薬剤濃度がウイルスの不活化に有効な濃度でないと効果はありません。 NITEでは、次亜塩素酸ナトリウムによる新型コロナウイルスの不活化に必要な塩素濃度を、500ppm以上、 イオン交換で作られた場合では、100ppm以上が必要としています。 当社では、金属腐食や有毒ガスの発生の心配がない、イオン交換式の次亜塩素酸ナトリウム製剤100ppm~200ppmを使用します。

噴霧量が足りていない

有効とされる薬剤濃度であっても、基材に付着する埃などがある場合、ウイルスの不活化には通常よりも多くの薬剤量が必要となります。 そのため、確実にウイルスを不活化させるには、コンタクトポイント(接触部)については、次亜塩素酸ナトリウム製剤による噴霧に加えて、アルコールによる清拭を行う必要があります。

作業漏れがある

業者に消毒を依頼してもウイルスの不活化ができない大きな原因に、「作業漏れ」があります。 当社では、作業漏れが起こらないに、プロ意識とモラルの高い防除経験の豊富な者が少人数で責任を持って消毒作業を行っています。

新型コロナウイルス消毒の作業者について

新型コロナウイルス消毒作業は、様々な業者が行っており、清掃業の延長としてパートアルバイトが作業を行っていることがあります。 「濃度が足りない」、「噴霧量が足りない」、「作業漏れがある」などによって、ウイルスが不活化されないことがあっても、 ウイルスは目に見えないため、わかりません。 弊社では、各種防除免許のある者がウイルス消毒作業を行っており、 シロアリなどの「完全駆除が必要な現場」で「完全防除を行ってきた者が作業を担当」します。

安心の消毒作業員

“完全防除”をやってきた
確かな資格と豊富な経験のスタッフが担当!

文化財虫菌害防除作業主任者証
文化財虫菌害防除作業
主任者証
国土交通省インスペクション講習修了証
国土交通省
インスペクション講習
修了証
しろあり防除施工士登録証
しろあり防除施工士
登録証
木材保存士証
木材保存士証
木材劣化診断士証
木材劣化診断士証
  

菌やウイルスは、「人から物へ」「物から人へ」と拡がっていきます。 また、付着する基材によって生存期間が異なるだけでなく、埃や皮脂などがあると不活化に必要な噴霧量が変わります。 新型コロナウイルスの消毒・除去作業では、ウイルス不活化に有効な濃度の消毒剤を用いて、全体的な噴霧消毒を行うだけでなく、人の動きを想定した清拭を行う必要があります。

噴霧処理

壁噴霧 デスク噴霧処理 椅子噴霧 ソファー噴霧 スリッパ スリッパ ゴミ箱噴霧 床噴霧 床噴霧

防除作業員が目視確認の上で、消毒剤を対象物に対して直接噴霧します。

空間噴霧

空間噴霧処理

作業中に浮遊したウイルスの不活化や直接の噴霧が難しい場所での対策として行います。

清拭

スイッチ ドアノブ 引き出し テーブル清拭 椅子清拭 椅子清拭 パソコン清拭 マウス清拭 受話器清拭

防除作業員による噴霧処理(次亜塩素酸ナトリウム製剤(イオン交換)100~200ppm)に加えて、頻繁に接触する箇所については、アルコール78%による清拭を行います。

コピー機

OA機器清拭 OA機器清拭 OA機器清拭

次亜塩素酸ナトリウム製剤(イオン交換)200ppmでの清拭に加えてアルコール78%の清拭を行います。

弊社消毒作業後のお願い

ウイルスは「人から物」「物から人」を繰り返して社内に拡がっていきます。 弊社では、接触部位だけでなく、壁、什器、床まで、丁寧な消毒作業を行っていますが、 デスク引き出しの中については、業務再開後に、社員様にてアルコールによる除菌をお願いいたします。 尚、陽性者様のデスク引き出しの中につきましては、許可を頂いた上で消毒を行っております。
福岡市
新型コロナ除菌消毒の特設ページへ
北九州市
新型コロナ除菌消毒の特設ページへ
大分県
新型コロナ除菌消毒の特設ページへ
熊本県
新型コロナ除菌消毒の特設ページへ
山口県
新型コロナ除菌消毒の特設ページへ