6月の中旬、夜中にリビングで数匹、羽アリが出たとのことでシロアリ調査見積もりのご依頼があり、シロアリ防除施工でお世話になりました。

後で教えて頂いたのですが、私が調査に伺う前に、3社調査見積もりをとられたそうです。
どの業者の言っていることを信じて良いのかが分からず、4社目に最後の砦のお気持ちで当社に電話をされてこられたとのことでした。

調査結果をご説明し、お見積りをお出ししたら、その場で当社へのご依頼を決めて下さったのですが、当社に決めて下さった理由は、電話の時から印象が良かったことと、他の3社よりもシロアリ調査が丁寧で見ているところが全然違ったとお褒めを頂きました。

外観調査

外観調査


例えば、このようなデッキ下の調査です。

外観調査

外基礎のシロアリ調査


シロアリは外基礎から侵入をしてくることがありますので、必ず調査が必要です。
外基礎からのシロアリの侵入は、床下を調査しても蟻害が確認できないことがあるからです
ですので、デッキがあり物が置いてあって見えない場合は下に潜って、確認を行います。

しかし、お客様曰く、3社とも外基礎の調査をしていなかったようです。

柱のシロアリ調査

柱のシロアリ調査


しばしば、柱からもシロアリは侵入をしてきます。
被害が進行して、壁に隙間ができると、蟻土で埋められるため、できる範囲で目視調査を行います。

床下調査

床下調査


床下からのシロアリの侵入は見られませんでした。

床下調査

床下調査


外基礎で確認が難しかった場所では、このようにして土台の外側に蟻道はみられないかの確認をします。