山口県防府市ではヤマトシロアリとイエシロアリによる住宅被害がみられます。
シロアリ駆除はシロアリの種類や建物の構造によって駆除方法が変わります。
シロアリは数十万頭もの大家族で生活を営んでいますので、部分的に殺虫スプレーを撒いても駆除ができず、かえって被害が拡大してしまうことがよくあります。
もしもシロアリが発生が疑われるときは、殺虫スプレーを撒いてはいけません。
そのままの状態でご連絡ください。

シロアリ駆除のキャンペーンキャンペーン情報を見る

資格のある経験豊富なスタッフがシロアリ調査を行います。

害虫駆除マスター
「シロアリ駆除の匠」は、資格のある経験豊富なスタッフがシロアリ調査を行い、見積書を作成します。
シロアリ駆除の匠には、営業マンはいません。事前調査から技術者が訪問します。もちろん現地調査に訪問する者にノルマなど課していませんので、ゆっくりと検討して頂けます。

防府市でのシロアリ駆除の見積もりは無料です。

トップ画像
「シロアリ駆除の匠」は防府市でシロアリ駆除、シロアリ予防工事の無料見積もりを行っています。お気軽にお問い合わせください。

防府市のシロアリ被害について

イエシロアリ

シロアリ被害写真

イエシロアリによる住宅被害


防府市に生息するイエシロアリは、食害スピードが早く、数十万頭、百万頭もの大群でやってきて建物に大きな被害を及ぼす特に注意が必要なシロアリです。写真は、イエシロアリ被害の様子ですが、被害が進行すると、木材内部が空洞化して強度がなくってしまいます。

3階の和室のシロアリ被害(RC造り)

3階の和室のシロアリ被害(RC造り)


さらに、イエシロアリは、1つの侵入経路から小屋裏を含めて建物全体に食害することもできます。

天井裏のシロアリ被害

天井裏のシロアリ被害


このように天井裏の梁、桁、柱などもシロアリに食べられてしまいます。

羽アリの写真

イエシロアリの羽アリの死骸


シロアリ被害は普段の生活では、なかなか気づくことができませんが、シロアリのコロニー(巣)は、ある程度の成長して構成員が増えると、一部のシロアリは羽アリとなって飛び立ち、新たな場所で新しい家族を作って繁殖をしようとします。
一般に、防府市でイエシロアリの羽アリは、6月から梅雨明け頃までみられます。
イエシロアリの羽アリは、「茶色」で羽を落とします。
夜間、光に集るため、近所から窓の光に反応して飛んできて家の中に入ってくることもあります。

数匹程度なら、外から入ってきた可能性が高いですが、
羽アリが大量に発生している場合は、シロアリ被害が原因である可能性が高いです。

ヤマトシロアリ

床下のシロアリ被害

ヤマトシロアリ被害


防府市に生息するヤマトシロアリは、イエシロアリと比べると、少数のコロニーで食害スピードは緩やかですが、長い間被害を放置しておくと、写真のように木材が空洞化が進んでしてしまい、広範囲で被害が及んでしまいます。

主には一階の床下が被害となる場所ですが、
雨漏りなどによって湿度の保たらた環境であると、天井裏まで被害が及びます。

ヤマトシロアリは、数十匹程度の小数の職蟻から、巣を再生することができますので、細かな駆除が必要です。