新型コロナウィルス感染拡大に伴い、一時は緊急事態宣言が発令され、外出を「自粛」することが求められました。

その後、感染の拡大が落ち着いたことによって、各自治体からの自粛要請も解除されましたが、

一人ひとりがウィルスに対する正しい知識を持って気を付け、経済活動を行っていかなければいけません。

企業側も、消費者に安心して来店、利用してもらうための工夫や、働く人の感染症対策が求められています。

最近では、安心して乗車してもらうためにJRなどの鉄道各社でも光触媒コーティングを採用しています。

自治体によっては、光触媒コーティングが感染予防対策の補助金対象になることも後押しされ、バス会社やタクシー会社でも車両に光触媒コーティングを行うところが増えています。

そもそも光触媒とは何なのでしょうか?

光触媒とは?

光触媒には、酸化チタン光触媒や酸化タングステン光触媒がありますが、

光触媒に、光(紫外線)があたると、電子の移動が起こり、周囲の有機物質を酸化分解します。

細菌やウィルスも有機物であるため酸化分解されることが分かっています。

参考:光触媒とは?

新型コロナウィルスには効果はあるの?

現在のところ、新型コロナウィルスでの実証データはありません。
新型コロナウィルスと同じエンペローブ型のインフルエンザウィルスでの効果が認められているため、注目されています。

参考:新型コロナウィルスに光触媒コーティングは効果はあるのか?

大型観光バスやタクシーに光触媒コーティングがお勧めな理由

補助金の対象になる

自治体によっては感染予防対策の補助金を行っており、光触媒コーティングの実施が補助金対象となることがあります。

抗菌抗ウィルス効果

光触媒は、細菌やウィルスを酸化分解してくれます。
社内に光触媒コーティングをすることによって、接触感染を予防することができます。

利用者の安心

バスやタクシーは、不特定多数の人が利用するため、利用者は感染症に対する不安がつきものです。
光触媒コーティングを実施していることを社内ステッカーなどで告知することで、
利用者に安心して乗車して頂くことができます。

乗務員の感染症対策

働く人も不安です。
社内の感染予防対策として実施することで、働く人の業務への不安を減らす効果があります。

消臭効果

光触媒は、有機物を分解するため、細菌やウィルスだけでなく、匂いの原因となる物質も分解してくれます。
クリーンな車内を維持することができます。

車内のすべての素材をコーティングできる!

プラスチックもOK

アルコールによる除菌の場合、度数が高すぎると、プラスチックが変色する可能性があります。
当社採用の光触媒は無色透明でプラスチックに塗付しても変色することなく高い抗菌効果を発揮します。

天井・シート・カーテンをまるごとコーティング

室内の壁や天井など全体に光触媒をコーティングすることで空中浮遊菌を減少できることが知られています。
車内全体に光触媒をコーティングすることで、様々な菌やウィルスの浮遊を減少させることが期待できます。
人の手でフロアマットやシートの下などの狭い場所への光触媒コーティングも行いますので安心です。

生産性が改善される

光触媒コーティングを行うと塗膜がある限り、抗菌作用が続きます。
汚れがついたり、食べかすが落ちているなど必要に応じて清掃除菌作業は必要ですが、大がかりな除菌作業の手間が大幅に減ります。

さいごに

当社では従来の酸化チタン光触媒よりも非常に効果の高い光触媒を採用しています。
また、ウィルスなどの虫菌害専門のペストコントロール業者による施工ですので安心です。
施工後は、施工済ステッカーを配布しておりますので、配布することでご利用者様に安心して乗車して頂けます。

九州、山口県で施工可能ですのでご相談ください。