介護施設では、ご年配の方が日常的に生活をされるため、
施設内での感染症を防ぐ為にも、衛生面に関しては特に配慮する必要があります。

除菌方法には、アルコールや次亜塩素酸水などでふき取る日常的な方法がありますが、
人手不足などによって忙しい現場では除菌漏れによって細菌が繁殖する可能性があります。

光触媒は、アルコール除菌などのように、それ自体が毒性をもって菌やウィルスを殺すのではなく、
光の照射によって酸化分解が始まり、菌やウイルスが無害化されます。

抗菌試験結果

当社採用光触媒の抗菌試験

施設内全体を上記のような抗菌効果の高い光触媒でコーティングすることで、自動的に細菌やウィルスが酸化分解、無力化されるため、接触感染のリスクを低減することができます。

抗菌効果

高い抗菌効果


また、病院の施術室に光触媒加工されたタイルを壁や床、天井に用いた実験では、空中浮遊菌が激減したとのことです。
つまり、空気の対流によって光触媒コーティングをした壁や天井に付着した菌やウィルスが酸化分解するため空中浮遊菌を減少させることができるのです。

現在のところ、光触媒の新型コロナウィルスでの実証データはありませんが、
新型コロナウィルスと同じエンペローブ(外膜)のあるインフルエンザウィルスでの効果が認められていることから、
鉄道やテーマパークなどの様々な企業で、新型コロナウィルスの感染症対策の一環として光触媒コーティングが注目されています。

光触媒は、抗菌抗ウィルスだけでなく、防臭効果のあるため、従来より介護施設では知られていましたが、
現在、光触媒コーティングの実施は新型コロナの感染症対策として自治体によっては補助金の対象となることもあります。
まだ、光触媒コーティングをされていない介護施設様はこの機会に施工を検討されてみてはいかがでしょうか。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。

光触媒施工をしている業者は、清掃、塗装など専門性が様々ですが、当社では、感染症現場での消毒を行う虫菌害を専門とするペストコントロール事業者による光触媒施工を行っています。虫菌害防除のプロだから安心して頂けます。

以下では介護施設向けに光触媒コーティングのメリットを紹介しています。

介護施設で光触媒コーティングを行うメリット

車いすの人

メリット1
利用者と従業員の様々な感染症のリスクを低減することができる

介護施設では、ご高齢の方は感染症にかかると重症化するリスクが高いため、特に配慮が必要です。
介護施設の壁や天井、手すりやドアノブなど施設全体を光触媒コーティングを行うことで従業員や利用者を含め施設内にいるすべて人の感染症リスクを低減することができます。
その理由は次の2つです。

☆接触感染のリスクが低減する

介護施設コミュニティー広場
アリゾナ大学の調査によると、職場内のドアノブにウイルスを付着させたところ、社員間の直接的な接触はなくても、4時間以内に半数以上の社員にウイルスが付着したとのことです。
接触部位を含めて施設内全体を光触媒コーティングすることで、光のチカラで菌やウィルスが酸化分解無害化されるため、社員や利用者間での接触感染のリスクを低減させることができます。
また、日常的に除菌作業を行ってはいても人手の少ない介護現場では、スタッフの除菌漏れが起こる可能性があります。
光触媒コーティングを行うことで拭き忘れによる感染リスクを防ぐことができます。

☆空中浮遊菌の減少が期待できる

空気の対流によって光触媒コーティングした壁などに付着した菌やウィルスは、酸化分解によって無害化されるため、空気中の浮遊菌の減少が期待できます。

光触媒はインフルエンザウィルスを不活性化します

細菌やウィルスには様々な種類がありますが、免疫力が低下している高齢者は、インフルエンザにかかりやすいことに加えて、重症化すると命にかかわることがあるため、特に注意が必要です。光触媒は、インフルエンザウィルスを不活性化することが認められているため、高齢者施設には非常に有効な感染症対策といえます。

メリット2
欠員による生産性低下や事故を予防できる

介護士
特に人手不足になりがちな介護現場では、従業員の病気等による突然の欠員は、安全な施設の運営に支障を及ぼすことがあります。
光触媒コーティングによって、働く人の感染症リスクが低減するため、例えば、インフルエンザウィルスなどでの従業員の欠員による生産性低下や事故を予防できます。

メリット3
利用者の家族に安心してもらえる

介護施設の面会
感染症対策を積極的に実施していることをPRすることで、利用者のご家族にも安心してもらえます。
特に、新型コロナウィルスの感染拡大により、多くの人が感染症への関心が高まっている中では、積極的に感染症対策を行い、社内外へ上手く広報をすることは、現在の利用者のご家族に安心してもらえるだけでなく、新しく来られる利用者への安心にもなります。現在のようなコロナ禍では、積極的な感染症対策が他施設との差別化になります。

メリット4
防臭効果がある

介護施設のトイレ
高齢になって入浴が減ると加齢による臭いが目立ってしまいます。
また、おむつ交換のあとは空気中に尿臭、便臭が漂っているため、十分な換気を行わなければ壁紙などに臭いが染みついてしまいますが、
冬場の換気は、急激に室内の温度が下がるため、長時間の換気は利用者の体調を崩してしまう可能性があります。
光触媒は、介護施設で悩みがちな加齢臭や尿臭や便臭など臭いの原因となる物質がコーティング面に触れると酸化分解をするため、室内をクリーンな空間に整えてくれます。

このように、介護施設での光触媒コーティングは、
利用者、その家族、働く人を様々な感染リスクから守るだけでなく、
快適でクリーンな施設運営にも寄与出来ます。

光触媒コーティングは、自治体によっては感染症対策の補助金対象となることがあります。
お見積もりは無料です。
介護施設で光触媒コーティングをご検討の方は、是非ご相談ください。

電話番号:0120-987-073(平日9:00~18:00、土日祝休み)

  
お問合せの種類(必須)
施設名(必須)
役職
ご担当者(必須)
都道府県(必須)
市区町村(必須)
それ以降の住所
電話番号(必須)
メールアドレス
お問い合わせ内容

■会社概要
マーケットイン合同会社
代表者:代表社員 稲葉 健
資本金:3,000,000円
本店所在地.福岡市中央区天神2-3-10-7F
福岡南支所:福岡市南区弥永1-25-1 (株)HCSグループ 福岡支店内
北九州支所.北九州市八幡西区黒崎2-14-2-2F (株)HCSグループ 北九州支社内
大分出張所.大分県杵築市守江4466-106
TEL:0120-987-073 FAX:092-260-6520

当社が使用する酸化タングステン光触媒は独自製法によるプラチナを加触しており、当社比では、一般的に使われている酸化チタン光触媒の10倍以上の酸化分解性を実現している画期的なコーティング剤です。さらに、セレンなどの抗菌触媒を配合しているため、暗所でも高い抗菌作用を可能にしています。
イナバ抗菌サービスは、虫菌害防除のプロが行う光触媒コーティングによって、学校、医療施設、店舗、オフィスでの病原体の接触感染のリスクを低減させることで、安心して暮らせる地域社会作りに寄与することを目指します。
資格者:文化財虫菌害防除作業主任者 防除作業監督者、木材保存士 しろあり防除施工士 文化財IPMコーディネータ