新型コロナウィルスはまだ治療法が確立されていませんので、自分の免疫力を高めてそもそも感染しないようにすることが重要です。

そこで近年注目されているのが、「免疫ビタミン」と言われている栄養素「LPS」の存在です。

今回は、LPSの効果やLPSが含まれている食品についてご紹介していきたいと思います。

LPSとは何か?

まずはLPSの解説と、その効果についてご紹介していきます。

LPSというのは「リポポリサッカサイド」の略称で、グラム陰性細菌という菌の細胞壁外側にびっしりと生えています。

LPSは糖と脂質が結合した構造をしているため、日本語では「糖脂質」や「リポ多糖」とも呼ばれています。

LPSを摂取することで得られる免疫効果とは?

このLPSを摂取することで体内のマクロファージを活性化させ、免疫力を高めることが可能です。

マクロファージというのは我々人間の体内にある、自然免疫の中心となる細胞のことです。

マクロファージは外部から侵入してきた細菌やウィルスから体を守ったり、外傷の修復、新陳代謝の調節など様々な機能を担っています。

マクロファージの外部には受容体という、他の細胞や成分をキャッチするための部分が存在します。この受容体にLPSが結合すると、LPSからマクロファージの核に信号が送られ、マクロファージの活動を活性化させることが出来ます。

マクロファージの活動が活発になることで細菌やウィルスに対する防衛機能がより高まるため、新型コロナを始めとした様々な病原菌の予防に役立つということです。

LPSはマクロファージの活性化効率が高い!

実はLPS以外にもマクロファージと結合し、その機能を活性化させてくれる栄養素はあります。例えばきのこ類に含まれるβグルカンや、乳酸菌に含まれるペプチドグリカンなどがそれにあたります。

ただ、これらの栄養素を使ってマクロファージをLPSと同程度活性化させるには、LPSの1000~10000倍の量が必要となります。

マクロファージを活性化させる上でLPSがいかに効率的かと言うのが、このデータを見るだけでもよく分かると思います。

LPSが多く含まれている食品はどれ?

では、このLPSは一体どんな食品に多く含まれているのでしょうか?最後にその点についてご紹介していきます。

LPSを含むグラム陰性細菌は土壌の中に多く存在しています。そのため、根菜や葉野菜などに多く含まれている傾向があります。

また、穀物や海藻類にもLPSは多く含まれていますので、積極的に摂取していきましょう。

まとめ

今回はLPSについてご紹介させていただきました。

LPSは自然免疫の中心となるマクロファージを高効率で活性化させることが出来ますので、免疫力を高める上で非常に有用です。

新型コロナに負けない強い免疫力を身につけるためにも、意識して摂取していきたい栄養素と言えるでしょう。

あなたもぜひ、食卓に根菜や葉野菜、穀物、海藻類を取り入れてみてください。